ちゅらうるクリームヘッダー
ちゅらうるスマホクリームヘッダー
HOME | ちゅらうるクリームに含まれる島ニンジンとは?

島ニンジンとは?

沖縄の野菜店などで取り扱いをされることが多い、沖縄在来種の『島にんじん』は果皮や果肉が黄色いにんじんの特徴を持ちます。詳細情報は細長くすらっとした形をしており、直径が2~3cmで長さは30~40cmと言われています。

この島にんじんの美容効果として、βカロテンやビタミンCを豊富に含んでいる特徴があります。このβカロテンには、強力な抗酸化作用があるので年齢と共に目立ちやすくなってきた老化トラブルを改善してアンチエイジング効果が期待することができます。そのため年齢と共に肌の潤いが不足してしまい、乾燥肌でガサガサの状態になってしまっているという場合や、ふっくらとした弾力を取り戻したいと思っている方にこの島にんじんのアンチエイジングは高い美容効果とした肌に発揮してくれます。

市販の保湿クリームやエイジング化粧品では、肌に合わずに肌荒れが起こってしまったという悩みをお持ちのデリケート肌質の方も少なくありません。しかしちゅらうるクリームにはこの島にんじんをはじめとした天然植物成分が配合されているので、敏感肌や乾燥肌など肌トラブルが起こってデリケートな状態になっている肌質の方でも安心してお手入れを受けることが出来るメリットがあります。

島にんじんは沖縄在来種の珍しい種類となっているので、実際にエイジング化粧品で取り入れているメーカーはとても珍しいと言われています。そのため天然由来の美容成分をたっぷり肌に浸透させて、肌の調子を整えたいと思っている方や自宅で手軽にエイジングケアを行いたいと思っている方にとってかなり魅力的な美容成分の一つです。

またちゅらうるクリームは、これ一つで洗顔後のスキンケアを完了することが出来るオールインワン化粧品となっているので、手軽に時短ケアを行いたいと思っている方にとって、気軽にお手入れが行えるとして人気が高くなってきていますし、コストパフォーマンスも高いと注目されています。
 

どんな成分が含まれているもの?

島にんじんは沖縄本島では『チデークニ』とも呼ばれており、昔から薬膳料理に使用されるなど非常に滋養の高い食材として沖縄で愛されている野菜の一つです。チデークニという呼名は沖縄の方言で「黄色い大根」を意味しており、形はゴボウのように細長く、鮮やかな黄色い色をした島ニンジンのことを指します。
 
種子を植えてから収穫できる時期は11月~2月頃で、冬の寒い時期に収穫され市場に出まわる沖縄では特におすすめの野菜です。
一般的にニンジンには西洋ニンジンと東洋ニンジンがありますが、チデークニは甘味があって煮ても型崩れしにくい東洋系に属しています。チデークニは抗酸化作用を持つカロテンが豊富に含まれている特徴があります。

ニンジン全般にたっぷり含まれるカロテンは皮のすぐ下の部分にあるため、植物由来成分を余すところなく摂取したいなら、丁寧に洗って皮をむかずにそのまま調理する必要がでてきます。おすすめの食べ方としてはピーラーなどニンジンの皮を薄くスライスし、皮の部分をキンピラにして食べるとゴミを出すこと無く植物由来成分もしっかり摂取することができます。

また島ニンジンを利用して料理を行う際には、カロテンの吸収を良くする方法は油と一緒に調理すると良いでしょう。島ニンジンにはカロテンの他にもビタミンA、ビタミンC、カルシウム、鉄分なども多く含まれている特徴があります。この栄養素は日頃からしっかり摂取することで貧血を予防したり眼精疲労予防や、体力の増進にも効果が高いなど様々な効能を持った野菜となっています。

島ニンジンはほのかな甘みと爽やかな香りがあるので、昔から薬膳料理となり多く利用されてきました。沖縄では風邪を引いて体力がない時や食欲の落ちている時に、豚のレバーと島ニンジンを煮込んだ汁物を作ることによって滋養食として利用されており、寒い時期に体を温める効果もあるので体調を改善することが出来る万能野菜として注目されています。

島ニンジンを摂りいれる効果とは?

島ニンジンがスキンケアに摂り入れられている理由として、皮に近い部分に、うまみやカロテンが豊富なことが挙げられます。一般的に流通しているニンジンに比べるとカロテンの量はやや少ないといわれていますが、カロテンの他にカリウムやビタミンCが豊富に含まれている特徴があるので、島ニンジンの栄養価は健康面だけではなく、肌荒れを改善してツヤ肌を取り戻すアンチエイジング成分として利用されています。

また島ニンジンを利用したスキンケア化粧品がおすすめの理由として、種子をはじめとした皮、身すべてに栄養価がギュッと凝縮されているので、捨てる部分が無くすべての栄養素をスキンケア化粧品に閉じ込めてしまうことで、美肌効果の高いビタミンCを効率よく肌に浸透させることが出来るメリットがあります。

エイジングケアでは欠かせない美容成分であるビタミンCは、年齢と共に肌内部からだんだん減少してしまう傾向にあり、きちんと毎日のお手入れで低下してしまっている美容成分を補給してあげることが重要になります。普通のニンジン100gに対してビタミンCは6㎎となっていますが、島ニンジンは21㎎と大きな差があります。そのため豊富なビタミンCをうまく摂取することによって皮膚や血管の老化を防いだり、美肌効果や、アンチエイジングケアを手軽に始めることができます。

そのため今までは健康のために食べられていた滋養食材は、美容成分としても注目されているのです。
 

ちゅらうるクリームが人気の理由

ちゅらうるクリームが幅広い年齢層の女性から支持されている理由の一つとして、どのような肌質の方でも安心して利用できる植物由来成分で作られていることや、無添加仕様になっている特徴があります。さらにクリームのベースとなる水分には、『地下古代浸透海水』が利用されています。この地下古代浸透海水とは化石化したサンゴ礁の地層で育まれた不純物が一切ない真水のことで、1日の取水制限があるほど貴重な水を指します。

この海水は豊富なミネラルバランスが保たれているため、年齢と共に人間から不足してしまうミネラル成分をしっかり肌に浸透させることが出来る事や、肌のコンディションを整えてくれるメリットがあります。

一般的に長距離の運搬は水を劣化させてしまう危険があるので、無菌を保つために美らうるクリームは沖縄で加工と製造されるなど、品質管理がしっかり行われているのも人気の理由です。クリームはチューブタイプの容器に入れられているので、品質が落ちずに最後まで使い切ることが可能となっています。
 

オールインワンクリームならちゅらうるクリーム

ちゅらうるクリームは洗顔後にこれ一つで導入液から化粧水、乳液や美容液、パックやクリーム、さらに化粧下地の効果まで配合されているオールインワンクリームなので、短時間でしっかりスキンケアを完了させることが可能です。しかしオールインワンクリームでは保湿が十分に行えるのか不安と感じる方も少なくありません。

ちゅらうるクリームには、肌の乾燥が目立つ場合にたっぷりの水分を浸透させ、きちんとした保湿を行い、乾燥していない時には必要な水分を肌に届けてくれる『水分自動調整保湿』を採用した世界初のオールインワンクリームとなっています。

そのため一つで簡単にスキンケアを完了させたいけれど、保湿やエイジングケアもしっかり肌に与えたいと思っている方にとって、ちゅらうるクリームは魅力的なスキンケア化粧品となっています。公式通販サイトを活用すると、初回は30%オフの3,980円で購入することが出来るなど、初めてでも気軽にお手入れに取り入れやすいです。